2014年 05月 14日
住心院のジャーマンアイリス&おがたま
5月14日(水)曇りのち雨

倉敷市木見にある住心院は「花の寺」としても有名です。

四季折々に住職が丹精込めて育てられた花が見られます。
なかでも花菖蒲は見事で、遠くからでも大勢の人が訪れます。
c0037204_2103791.jpg

午後からウォーキングを兼ねて行って来ました。

ジャーマンアイリスは今が見頃、90種類もあるんですよ。
c0037204_21324959.jpg

c0037204_21341838.jpg

昨年は雨不足でカラカラになっていた菖蒲田、水はたっぷりで生育も良好のようです。
極早咲き系が3種類ほど咲いていました。
c0037204_214332.jpg


カラタネオガタマ モクレン科 オガタマノキ属    住職のお母さまが30年くらい前に植えられたそうです。
c0037204_2210954.jpg
バナナのような甘い香りが漂ってきます。
雄しべの集団と雌しべの集団の間に軸があるのが特徴で、他のモクレン科の花には見られないようです。
c0037204_22103320.jpg


c0037204_23133844.gif


by tomochi112 | 2014-05-14 23:32 | 住心院


<< 怒塚山登山      蒜山高原・山麓ウオーク >>