2014年 07月 24日
蝉の羽化、 アメリカフヨウ
7月24日(木)晴れ

梅雨が明けた頃から、セミの幼虫が次々と出てきています。
穴から出て来たばかりの幼虫(穴ゼミ)は、夕方から地上に出てきて木に登っていきます。

19時30分ごろ、夫が「セミが羽化しとるで」と言うので、出てみると綺麗に羽を広げていました。
c0037204_2223279.jpg


こちらは21時
19時半に穴ゼミがとまっているのを見ていたので、まだかな?と出てみると
抜け殻につかまって羽を一気に伸ばしています。  頼りないツルバラの枝にとまって落っこちないかなあ
c0037204_22124663.jpg
梅雨明け直後から始まった羽化の様子は、毎夜庭のあちこちで見られます。


c0037204_23124461.gif


アメリカフヨウ    暑いからでしょうか? お昼にはもう萎みかけていました。
c0037204_2324523.jpg

[PR]

by tomochi112 | 2014-07-24 23:33 | Comments(8)
Commented by isao1977k at 2014-07-25 02:50
蝉って、成虫期間は1-2週間ほどと言われてますけど、
これは成虫の飼育が困難ですぐ死んでしまうことからきた俗説で、
野外では1か月ほどとも言われているそうですよ。

ミンミンは熱く感じますね(笑)
カナカナが鳴くようになると秋が近づいてきますね。
Commented by 毎日てくてくまりちゃん at 2014-07-25 08:53 x
tomochiさん
無事蝉さんの羽化良かったなぁって思います。
昨年は羽化の時急に雨が降ったりで、
悲しい場面をたくさんみたのでよりそう感じます。

羽化の様子は本当に美しいですよね。
朝から蝉時雨。
ちょっとうるさいって思うけど、いろんな事思ったら
今を輝かせているんですよね。

想い出多い夏になるといいですね(*^^*)
Commented by mmkk1114 at 2014-07-25 11:12 x
こんにちは!!
これは大変貴重なお写真です。
  蝉の羽化見て童心に帰るべし
なかなか見ることはできません。
ご夫婦の根気に最敬礼です。
ありがとうございます。
Commented by tomochi112 at 2014-07-25 16:56
isaoさん、幼虫として地下生活するのは、クマゼミは4,5年
アブラゼミやミンミンゼミは3~4年と言われています。
成虫の寿命は1ヶ月ぐらいでしょうね。

カナカナってヒグラシのことかな?
蜩は晩夏の蝉と思われていますね。
Commented by tomochi112 at 2014-07-25 17:00
毎日てくてくまりちゃん、セミの羽化は毎日でも見られます。
雨が降っているときは穴から出ないけど
いったん出てしまえば羽化は続けられています。
触ると失敗することがあるようですね。

朝は煩いほど鳴いていますが
夏を感じさせてくれる大切なものですよね。
Commented by tomochi112 at 2014-07-25 17:02
mmkk1114さん、こんにちは。
蝉の羽化など都会では見られることは無いでしょうね。
此方では毎夜 見ることが出来ます。
夕方、穴ゼミが止まっているところに
薄暗くなってから見に行くと羽化が始まっています。
ありがとうございます。
Commented by taya10232005 at 2014-07-26 09:51
シャッターチャンス、バッチリでしたね。
声かけてくれるだんな様優しい~!
こちらも2,3日前からセミがうるさく鳴き出しました。
暑さが倍増する感じ!
Commented by tomochi112 at 2014-07-26 22:15
tayaさん、夫は夕食が済むと庭に出てうろうろするんですよ。
羽化しているセミを見て、知らせようと思ったのでしょうね。
朝早くから シャアシャアシャアシャア鳴くので煩いったらありゃしない
異常な暑さですね。
熱中症には気を付けましょうね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 道の駅 笠岡ベイファームへ      黒鹿の子百合、セミ >>