2008年 08月 18日
アギナシとオトギリソウ
8月18日(月)

きのう保護センターで名前の由来などを教えてもらいました。

アギナシ
c0037204_22461872.jpg

c0037204_2247152.jpg↑これは雄花です。
根元に雌花が咲きます。
葉が二股に分かれたところ(赤い矢印)を
顎に見立て顎無し(アゴナシ)からアギナシとなって
名付けられました。


c0037204_224861.jpg









オトギリソウ(弟切草)
c0037204_2314053.jpg

c0037204_2322092.jpgこの草を原料にした<秘薬の秘密>を漏らした
弟を、兄が斬り殺したという平安時代の伝説を話してくれました。

人のよい弟が恋人に漏らし、その恋人も後を追って亡くなったと言われています。
栽培していた薬草に弟の血潮が飛び散り、
←その跡が葉に残っていて
オトギリソウ(弟切草)の名が付いたと言われています。

何だか物騒な名前ですねー。

by tomochi112 | 2008-08-18 23:59 |


<< 地蔵盆まつり      サギソウ >>