2008年 08月 18日
アギナシとオトギリソウ
8月18日(月)

きのう保護センターで名前の由来などを教えてもらいました。

アギナシ
c0037204_22461872.jpg

c0037204_2247152.jpg↑これは雄花です。
根元に雌花が咲きます。
葉が二股に分かれたところ(赤い矢印)を
顎に見立て顎無し(アゴナシ)からアギナシとなって
名付けられました。


c0037204_224861.jpg









オトギリソウ(弟切草)
c0037204_2314053.jpg

c0037204_2322092.jpgこの草を原料にした<秘薬の秘密>を漏らした
弟を、兄が斬り殺したという平安時代の伝説を話してくれました。

人のよい弟が恋人に漏らし、その恋人も後を追って亡くなったと言われています。
栽培していた薬草に弟の血潮が飛び散り、
←その跡が葉に残っていて
オトギリソウ(弟切草)の名が付いたと言われています。

何だか物騒な名前ですねー。
[PR]

by tomochi112 | 2008-08-18 23:59 | | Comments(8)
Commented by yassy127 at 2008-08-19 05:46
珍しいお花の紹介をありがとうございます。
オトギリソウとは物騒な名前ですね。
それにしても血痕のような模様が葉っぱにも花にも付いているのも気になります。
兄は弟を亡き者にしてこれでお金を稼いだのでしょうか。
こんな不吉な名前よりもっと違った名前をつければこの血痕の模様も気にならないのにね。
Commented by tomochi112 at 2008-08-19 07:24
yassyさん、オトギリソウが弟切草とは物騒な名前ですね。
秘薬はよく効くので評判だったようです。
それを弟が恋人に漏らしたことから秘薬ではなくなったのですね。
植物には何故か可哀想な名前がよく付いていますね。
他にも色々と説明してくれたのですが、覚えられませんでした。(^^ゞ
Commented by taya10232005 at 2008-08-19 11:56
お岩さんやお菊さんの怪談よりゾクゾク~ときました(-.-;)
保護センターでは訪れた人たちにこんな説明もしてくださるんですか?
由来などを知って見れば又一段とその花に興味が沸きますものね。
花にもつぼみにも葉っぱにも血の跡が~~ドンドンドン・・・キャー~!!
Commented by tomochi112 at 2008-08-19 21:36
tayaさん、保護センターでは定例観察会があります。
その時に出会った昆虫や植物を観察するのですが、小学生の親子連れが多いです。
日曜日は丹頂鶴の写生もしていましたよ。
オトギリソウは以前見たことがあるのですが、まさかこんな伝説があるとは知りませんでした。
観察会で先生が説明されているのを聞いてきました。!(^^)!
弟切草とは物騒な名前ですね。
Commented by miyakeoriibu at 2008-08-19 21:58
どちらもはじめて見る花です。
名前にはそれぞれ由来があるのですね。
仮名で書くと分かりませんが、漢字で書くとイメージが浮かびますね。
秘密を漏らして切り殺され、恋人も後を追った話、聞いたことがあります。
この薬草だったのですね。
Commented by tomochi112 at 2008-08-20 07:52
miyakeoriibuさん、おはようございます。
植物の名前はそれぞれに由来があって教えてもらうと、なるほど!と感心する物が数多くありますね。
オトギリソウにこのような恐ろしい伝説があったとは知りませんでした。
今度はもっと笑えるような由来があるお花を見つけてきますね。
Commented by suzu1944 at 2008-08-20 08:28
アギナシは始めてみました。綺麗な花ですね。
保護センターでないとみられない花ですか?
オトギリソウ
ヒべリカムやビオウヤナギの総称かと思っていましたが
オトギリソウの花もあるのですね。
それにそんな謂れが……夏にみたい花ですね〈笑〉
Commented by tomochi112 at 2008-08-20 21:59
suzuさん、アギナシは湿地でないと育たないので保護センターなど限られたところでしか見られないようです。
オトギリソウはビヨウヤナギなどと同じ仲間ですね。
何度も見ているのですが、黒点や黒線があって綺麗じゃないので写したことはありませんでした。
この花が夏咲くってところが・・・ゾクゾクッとしますねー。(*_*)
名前
URL
削除用パスワード


<< 地蔵盆まつり      サギソウ >>